CHANGE OR DIE

寒くなってまいりました。ブリッジコンテンツの村松です。

朝日新聞beには柳井正氏のコラム「希望を持とう」が連載されていました。

話題としては古いのですが、ユニクロの今年のスローガンは

Change or Die.

いろいろな出来事があり、変わらざるをえない状況ではありますが

変わっていかないと、その先はないというのは、

いつの時代でも原理原則といえるものです。

勝ち組(という価値観はイカンのですが)のユニクロの

新商品の開発、広告宣伝の展開など、変革が十分とは思えない柳井氏は

この言葉を全社員にメールするといいます。

受け売りで、私はこのコトバをよく使わせていただきます。

聞いたお客様の担当者の反応は、たいてい2つに分けられます。

一つは、「さすがですねぇ。ウチもわかっているのですが…」

またひとつは、「よくいわれることですよね。ウチもいろいろ取り組んでいるのですが…」

担当者では、いかしかたないのかも知れませんが

そんな会社ではダメだと思います。危機感のキの字もないと思います。

「Change」は、誰かが変わることではなくて、自分自身が変わることです。

会社が変わることではないし、誰かが指導してくれることではありません。

全員が、問題意識を持ち、問題を課題化して、立ち向かう。

改善されるまで、絶対に絶対にあきらめることなく立ち向かう。

「Change」は、自分変革の中にしかないのです。

その結果として会社が変わるかもしれませんが、それは結果のひとつ。

「Change」は、会社が死なない、

それも真綿でゆっくり首を締められるように

会社が死なないようにするための方策でしかないのです。

時代にあわせながらChangeしていくこと。

これは生きながらえるための必須です。

会社には、しがらみがあって、なかなかChangeすることが難しいのは想像できます。

しかし、しがらみは、すべて過去のことです。

過去と未来。どちらが大事なのでしょうか。

まだ存在しない未来は、過去より弱い存在です。

それでも未来は輝いていませんか?

よちよち歩きでも前に進んでいませんか?

Changeなきところに、Futureなし。

Changeを、今すぐ、行動で。

大変な時代、それが何より重要だと思うのです。

貴社が、Changeをお考えなら、

ブリッジコンテンツと話してみませんか。

コンサルもいいけど、想像して創造するスタッフもね、

とても重要だと思います。

 

 

 

Categories: 未分類 | Leave a comment

ムヒできないロゴ

どうもブリッジコンテンツの村松です。

今日もロゴの話を書いてみようと思いますが

すでにさんざんいわれている似通ったロゴのお話です。

muhiロゴ

 

 

 

 

明治とムヒ。

ムヒは、「唯一無比」の無比とは知らなかったのですが

この2つ似てますよね〜。

文字数が1文字違い、「m」ではじまるということもありますが、

色といい、大文字小文字の違いがありますが、似てる!

CIなのですから、似ちゃイカン。それこそ唯一無比なものにしないと

アイデンティティがないですよ。

これも某デザイン会社かと思って調べてみましたが

わかりませんでした。

だいぶ書かれているので、デザインした人は、恥ずかしくて名乗れないのかぁ。

最近、信号のないところを横断する人が多くて

モラルが崩れているなぁ〜と思いますが

広告界も、ハザードなんでしょうか。

昔は、プライドとか良心が、あったように思いますが…。

なんといいますか、いろいろよくないと思います。

よくないことは、やめましょう。確信犯は、犯人なのですから。

子どもが悪いことをするのは、大人が悪いことをしているからなんですって。

ロゴは、とてもとても大切なんです。

実績があるというだけで、発注先を選ばないでください。

安いというだけで、発注先を選ばないでください。

選ぶ基準は、価値観が共有できる人、もしくは会社にお願いして

想いを込めてつくりあがていきましょう。

なぜって、ロゴは、御社の分身であり

すべてのスタートラインになるものなのですから。

 

 

 

 

 

 

Categories: 未分類 | Leave a comment

このロゴ、似てませんか?

どうも。ブリッジコンテンツの村松です。

ココ数年で新しくなったブランドのロゴといえば、明治とキッコーマン。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この2つ、なんか雰囲気が似ていると思いませんか?

「i」の文字とか、線の太さ、もっこりした感じとか。

実は、この2つデザインしたのは、同じ会社です。

系列会社でも何でもないのに、こんなに似てていいのでしょうか。

明治製菓のロゴは、明治製菓と明治乳業との統合で生まれた新ロゴなんですが

旧ロゴは、亀倉雄策という、東京オリンピックのポスターから

NTT、Nikon、TDK、グッドデザイン賞のマークまで

もう亡くなられましたが日本デザイン界の重鎮がデザインしたもので

 

 

 

デザイナーの中には、亀倉先生のデザインを変えるとはどーいうつもりだ!という人もいたりします。

並べてみると、どっちが好きかという、問いの答えはすぐにできそうですが

ロゴというもの、好き嫌いだけで済ますことができるものではありません。

ブランドのロゴというものは…と話していると長くなってしまいますし

本題ではないので、話を戻すと

似た感じのロゴって、ありですか?

似た感じのロゴを同時期に提案するのってありですか?

私には、ルール違反に思えるのですか、

みなさんは、どう思われます?

 

 

Categories: 未分類 | Leave a comment

本日、充電中。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。ブリッジコンテンツの村松です。

さて、これはパチンコ屋さんのシャッターに貼ってあったポスター。

普通なら「本日、休業日」なのでしょうが、「本日、充電中」となっておりました。

最近は、「はりきって営業中」とか「がんばって準備中」とか

いろいろな店頭POPがありますが、こういうひと工夫のあるメッセージPOPって、とてもいいと思いませんか。

例えば、充電中っていわれると、そうかこのお店は休んでても明日のために何か努力してるのか〜みたいな感じがして

ただ休業っていわれるより、せっかく来たのになんだよ感が和らぐこと間違いなし。

ちょっとしたコトバの気配りなんですが、見た方に与える印象には、大きな差があります。

「神は細部に宿る」とは、私が大好きなミース・ファン・デル・ローエ氏の言葉ですが

お店の姿勢も、細部に宿ります。(大分、拡大解釈ですが…)

トイレが汚いお店。休憩時間のコックさんがだらしないお店。電話の応対…etc

ユーザーは、ほんといろいろ見ていますし、逆に小さなことでも評価されると好感度がグッと上がります。

結局、仕事は、全身全霊のすべてが見られており、全身全霊で評価されてしまいます。

がんばって準備も、はりきって営業も、ちょっと常套句化してきました。

さて、御社の休業日は、どんなメッセージにされますか。

 

 

 

 

Categories: 未分類 | Leave a comment

ロゴは時代に合わせて

ヴィトン、シャネル、SONY、ナイキなど。

認知度のある会社は、その会社名を聞くと

ブランド品とか、CHANELマークとか、プレステとか、オレのAIRとか

人それぞれに何かイメージを持つものです。

この、人それぞれが見たり聞いたりした際に思い起こすイメージが、

ブランドというもので

その企業が、商品や広告など様々な知覚コミュニケーションで

築き上げてきたイメージの総和でカタチづくられています。

ブランドには、ひと目惚れもありますが

基本的には、知ってもらう覚えてもらう触れてもらうという

接触機会の積上げが必要であり、

ブランドをその人の中に一朝一夕につくることはできません。

ブランドの確立には、

「その名前をユーザーが見たり聞いたりした際に想起するもの」を

継続的に構築し続けていくことが重要であり

商品やサービスでの顧客満足の提供に加えて、

広告や広報、CSRなどで、

グッド・インプレッション(好印象&高印象)を構築し続けなければなりません。

そしてブランド構築の基点となるのが、ロゴ。

ユーザーとブランドのイメージをつなげる(ブリッジする)のは、

会社名や商品(商品シーリズ)のロゴであり

これを覚えてもらいイメージを刷り込んでいかなければなりません。

ゆえにロゴはとてもとても大切な存在です。

ロゴは、あなたの会社とユーザーをつなげる道しるべであり

ブランドを構築するなら、ロゴにイメージを刷り込んでいかなければならないのです。

さて、御社のロゴは、御社のイメージにあっていますか?

創業以来のままになっていませんか?

ロゴには、オリジナルであることに加えて、時代にあわせて変化させていくことも大切なのです。

以下のようにブランドロゴは、時代にあわせて、アップデートされています。

さて御社のロゴは、いかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Categories: 未分類 | Leave a comment

ホームページできました。

何かといえば、まず検索する時代。

ホームページは、名刺代わりのマストアイテム。

仕事をしていく上で、ホームページはなくてはならない存在です。

ですが、このホームページというヤツ。

いかようにもできてしまい、どうつくればいいのか悩みます。

好きな人は、がんばって自分でつくってしまいますし

こだわると、限りなく青天井で費用がかさみます。

私も一度勉強がてら自分で挑戦し一応アップロードまではできたのですが、

満足のいくものはつくれませんでした。

その経験で思ったのは、ウェブはグラフィックデザイン以上に

融通がきかないということ。

入力したこと以外には全く対応してくれません。

コンピュータで行うグラフィックデザインも数値だったりするのですが、

目で見たまま動かせばその場所に置けたり、アバウト度があると思いました。

また今やJimdoやWordPressなど、簡単にホームページがつくれるサービスがあり

これらを使ってホームページをつくることも考えましたが

これらをいくらカスタマイズしても、これらを使用した感は消すことができないように思え

結局このホームページは、友人に頼んでつくりました。

この友人は、変な経歴といったら怒られてしまいそうですが

この人、ゴルフのプロ免許持ってて、ゴルフショップをやってる人。

ゴルフの世界を、ウェブでもっと楽しく!と、日々ウェブをいじっているようです。

お世話になった感謝を込めて

友人のゴルフショップよろしくお願いいたします!

http://www.pinflag.co.jp/

私はゴルフをやらないので詳しくないのですが

ゴルフクラブをカスタマイズできるショップだそうです。

Categories: 未分類 | Leave a comment